音楽紹介

【音楽】 民謡 光祥会二十周年記念発表会を振り返って(その① 当日朝のリハーサル)! ~田中祥子先生へのインタビュー~

<2021年4月3日(土)の午前 熊本市民会館>
リハーサル風景
※ 写真は承諾をいただいた上で掲載を行っております。
江津山
江津山
2021年4月の「民謡 光祥会二十周年記念発表会、そろそろ1か月が経とうとしていますが、今思い出しても素晴らしかったですね!今回は、その振り返り第一弾になります。田中祥子先生に、龍田川がインタビューをさせていただきました!
龍田川
龍田川
記念発表会の開催おめでとうございました! 4月3日午前中は、午後からの公演に向けた、公演当日のリハーサルでしたが、その中で一番気がけていらっしゃったことは、どのようなことですか?(Q1)

<田中祥子先生のお話①>
まず、第一に何といっても、感染予防対策ですね。きちんと皆さんが一人残さずフェイスシールドをするなど、みなさんの命を守ることが最優先でした。

龍田川
龍田川
なるほど、会場においても、検温や座席の間隔をあけるなど、万全の感染対策をなされていたと思います。感染対策以外では、どのようなことに気がけていらっしゃいましたか?(Q2)

<田中祥子先生のお話②>
そうですね、皆さんどうしても今まで1年以上舞台に立っていないんですね。それで、緊張したときに、いかに自分たちが楽しんできたことを思いっきり出せるかというシュミレーションを、1回こう描いたまま舞台に出て欲しい、そうできるようにということを気がけていました。皆で仲良くやればできるぞっていう心、そういうのをきちんと伝えておきたいと思いました。

龍田川
龍田川
なるほど、そのようなことを気がけられていたということですね。そういった中で、リハーサルは思いどおりにいかれましたか?(Q3)

<田中祥子先生のお話③>
はい、できていたと思います。また、時間通りにもきちんと進められたし、本番前の際でもう一度確認しておきたいこと、それはすべて、舞台監督さん、音響さん、照明さん、すべてできたと思います。

龍田川
龍田川
リハーサルのときは、先生は非常に楽しんでいらっしゃる感じでしたが、いかがでしたか?(Q4)

<田中祥子先生のお話④>
皆さん私が非常に楽しそうにみえたとおっしゃってましたね、先生が一番楽しそうと(笑!)。全体でのリハーサルというのは、本来は、何回も何回も全体で繰り返して、皆で、その息を少しずつ少しずつ合わせていく。また、モチベーションも発表会に向けてどんどん上げていくっていうのが今までのスタイルだったと思います。しかし、今回は、とにかく団体のお稽古ができない状況だったので、その中で、皆が顔を合わせて、久しぶりだけど、舞台って楽しいなあとか、音楽、三味線してよかったなあとか、歌ってきてよかったなあとか、ああ、次にまた頑張ろうとか、そんなふうに1人1人の思いをしっかりと思っていただけたら、私は、幸せです。私は、そういうふうに、いつも思っていますので、それが皆さんに伝えたい一番大事なところかなと思います。

龍田川
龍田川
インタビューありがとうございました。リハーサルのときの先生のお気持ちがひしひしと伝わってきました。それでは、次回は、当日初日についてお尋ねしていきます。
次の「その② 初日公演」へ!
→ リンクはこちら