音楽紹介

【音楽】 志娥慶香(Keiko Shiga)さんにインタビュー -感動のトリオ・ライブ in iori Shinobutake (2021.10.15)-

龍田川
龍田川
今回は、音楽家の志娥慶香(しが けいこ)さんのインタビューを紹介させていただきます。
江津山
江津山
志娥慶香さんといえば、色々な曲を作曲されていますが、「みずのうた」が特に有名ですよね。どんなお話が聞けたのか、楽しみです。
龍田川
龍田川
インタビュー内容は、ピアノを始めたきっかけ、HPの「私の使命」について、映画音楽でこのトリオを組むにに至った経緯、今回のコンサートで伝えたいことなどです。


1 ピアノを始めたきっかけ

<志娥慶香さんのお話>
3歳から母親にいつの間にか連れられ、ヤマハ音楽教室に通い、ただなんとなく高校生になるまでレッスンを続けていました。好きで始めたわけではなく、気付いたらピアノを習っていたという感じです。紆余曲折あって、今では生業としていますが。

2 「私の使命(MISSION)」について

<志娥慶香さんのお話>
私のウェブサイトには、私の使命 (MISSION)として、「心を癒し幸せをもたらす豊かな音楽体験」の提供をあげています。これをあげている理由は、ズバリ、自分自身がそういう時間が欲しいからです。人々の心が豊かになれば平和な世の中になるんではないかと思っています。



3 映画音楽でこのトリオを組むに至った経緯

<志娥慶香さんのお話>
まず、映画音楽を選んだのは、私が映画音楽を専門に学び、なによりも映画と映画音楽が大好きだからです。そして、熊本市健軍文化ホールからのご依頼で映画音楽のコンサートをすることになったのですが、その際、私のピアノだけではなく、バイオリンとトランペットの音もあれば音楽とレパートリーの幅が広がると思ったのです。そこで、健軍文化ホールにお願いして探していただきました。

4 伝えたいこと

<志娥慶香さんのお話>
生演奏のエネルギー。音楽の癒しの力。楽しい時間を過ごして、コロナ禍の中で鬱屈した気持ちを少しでも解放して差し上げたいです。

5 好きな食べ物

<志娥慶香さんのお話>
珈琲と美味しいおやつ。おやつは和菓子が好きです。


<トリオ・ライブからの写真>

龍田川
龍田川
色々と教えていただきありがとうございました! 今回のコンサートで、生演奏のエネルギー、本当に感じました。
他にも色々とお話をいただきましたが、それは、また別の機会に紹介させていただきたいと思います。
江津山
江津山
引き続いて次回は、田尻大喜さんへのインタビューです♪

◇ 志娥慶香さんのHP → リンクはこちら
◇ 志娥慶香 「みずのうた」 → YouTubeリンクはこちら

感動のトリオ・ライブ → リンクはこちら